弁護士法GUIDE

弁護士法目次

リンク

スポンサーサイト


弁護士法Naviへようこそ

弁護士法Naviでは、弁護士法全文を掲載しています。
左のメニューから、ごらんになりたい章をクリックしてください。

刑事事件を扱う三重県の弁護士

弁護士法とは?

弁護士法は、日本国憲法の元、弁護士の地位向上を目指して制定された基本法です。

弁護士・弁護士法人の使命、職務、弁護士会の制度などを定めるほか、非弁護士の法律事務の取り扱いの原則的禁止などに関する事項を規定しています。

弁護士法の歴史

明治時代、司法制度の導入と共に代言人と呼ばれる職業が発達しました。これが後の弁護士となる役割を担っていましたが、その立場は現代の弁護士には及ばず、軽蔑されることも多々あり、また悪徳業務を行なう者もいました。

1893年に弁護士法が制定され、代言人は弁護士と呼ばれるようになります。 しかし、業務は司法省の監督のもとで行われ、法定での活動に限られていました。

その後、1933年、1949年の改正を経て、国家権力を持った独占業務として認められるようになっていきました。現在のような幅広い分野での業務も取り扱うようになります。
このサイトでは弁護士とその歴史などについて解説しています。

現代の弁護士

現代においては弁護士はその数も増え、多くの弁護士がそれぞれの専門分野に特化した能力を有しています。各地域にも弁護士が居るため自分のアクセスが容易な行きやすい法律事務所に行くと良いでしょう!

北九州の弁護士なら小倉駅前法律事務所へどうぞ

TOP相互リンク